鉄製のバス停

企画開発の中村です。

今日は当社の前にあるコールテン鋼のバス停についてお話をします。

当社の周辺は元々は山だったのですが開発が進み、今では住宅や商業施設が並んでいます。
ナルディックの目の前に2008年8月に新しい幹線道路が開通し バス路線ができることになりました。

その際に弊社の前に新設されるバス停2か所を、地域交流、地域文化の発信 と育成を意図し、デザイン、設計を行いました。

デザインは、前日本建築家協会会長の建築家・出江寛(いずえかん) 氏で、すべて鉄(コールテン鋼)を素材とした独創的なものに なりました。

琵琶湖大なまずを模した鉄のバス停。南草津駅からバスでお越しの際はこのバス停をご利用ください。
TOP