草津市「宿場まつり」

製造一課 赤井です。

地元のイベント、秋の「街灯り華灯り夢灯り」と共に行われている春の「宿場まつり」に今年も参加させていただきました。
秋のイベントは「あかり」をテーマに行われておりますが、東海道五十二番目の宿場である「草津宿」をテーマに春行われております。

このイベントでも、実演を中心に小物展示をしております。

叩いて


ネジって


現場では製作していませんが、鉄のバラも見て頂きました。


手に取って見て頂いていたのですが、みなさん「重っ!!」と驚いていらっしゃいました。

いつも工場で製作している私たちは、お客様とお話しさせて頂ける数少ない場です。
今回も、「懐かしい」と昔の鍛冶屋さんを思い出して見て頂いた年配の方・DIYで色々作られているお父さん・目をまるくしながら見てくれている子供たち・ロートアイアン製品に御興味を持たれていらっしゃる若い御夫婦。
海外の方も時々いらっしゃるのですが、フロリダ出身大津市在住のマークさんとお話させて頂きました。科学・文化・芸術・環境の授業を英語で教えられている方で、弊社が地元のイベントに参加し見る事の少なくなった火造りを実演している事に感銘を受けてくださいました。「大津の祭にも参加を」というお誘いまで・・・

今回も多くの方と、御縁を頂きました。

昔は東海道と中山道・今は名神と新名神の分岐、交通の要所である歴史をもつ草津をあらためて認識できるお祭りです。

お天気にも恵まれ多くの方々に来て頂き、誠にありがとうございました。
TOP