エキスパンドメタルとレーザーカット

社長の中村です。
先日、当社の現場でおもしろい工程をみました。エキスパンドメタルのレーザーカット!

エキスパンドメタルは、金属板をエキスパンド製造機によって千鳥状に切れ目を入れながら押し広げ、その切れ目を菱形や亀甲形に成形したメッシュ状の金属板です。鋼材屋さんでも購入することができます。
そのエキスパンドメタルをレーザーカットで切断して成形していきます。
普段はプラズマ溶断を使って手で切断することが多いです。今回はレーザーカットで精度の高いものを作っていました。
本来、レーザーは板の持ってる電気をひろって板とレーザーの出ているヘッドの部分の距離を計算させて動いているのですがパンチング材やエキスパンドメタルみたいな穴だらけの板だと電気をひろえずにレーザーのヘッドが板にぶつかってしまうのです(故障の原因にもなります!) 
今回はz軸(高さ方向)をプログラムで固定させてレーザーの出力をあげて切断していました。現場の人の工夫はすごいです!
TOP