ロートアイアン Wought Iron 鉄を熱し、叩き、曲げ、ひねり、優雅で繊細な作品へと仕上げていく。

ロートアイアン
日本語で「鍛鉄(たんてつ)」と呼ばれるこの技術は、ヨーロッパで生まれ育まれてきた永い伝統を持っています。そして、同時に「村の野鍛冶」という童謡があるように「鉄」は大工道具や農具・漁具として日本人の生活や文化と深いつながりを持った素材でもあります。明治の中後期には西洋建築と共にロートアイアンは日本の建築にも取り入れられてきました。今日では装飾美と機能を兼ね合わせた門扉や手摺、フェンスなどが多く取り入れられています。

ナルディックは、1986年ドイツの職人との出会いからロートアイアンの歴史を学び、技術を磨き日本の生活様式にあうように発展させてきました。今日ではスペインのバルセロナ、マドリード、そしてカタルーニャの作家やアーティストと交流をはかり、多くのことを学び独自の技術やデザインに進化させることを続けています。滋賀県の草津に工房をもつ国産ロートアイアンです。

ロートアイアンには、職人達の丹精を込めた手仕事によってこそ生まれる味わい深さがあります。
私たちは、鋳物や大量生産のものではなく、ロートアイアンの「本物」だけが持つ味わいがお客様に永く愛され続けることを願って、日々モノ造りをしています。

Thoughtful Handicraft ―真心を込めた手造り―
それが、私たちの信念です。

ロートアイアンとは

  • 1.伝統と技術

    ロートアイアンは、古くはローマ時代まで歴史を遡る伝統を持っています。日本では明治の中後期に西洋建築と共に日本の建築に取り入れられました。ヨーロッパ大陸から大陸伝いに終着点の日本にたどり着いたロートアイアンは独自の文化と共に発展を遂げてきたといっても過言ではありません。
  • 2.炉と鎚

    今日も現場から鉄に魅了された職人の火のような情熱と鎚の音が伝わってきます。
  • 3.手曲げ

    無垢鉄は硬くしなやかな性質です。他の金属と比べて「人に優しい」のだと職人は言います。
  • 4.表面加工と叩き

    表面加工を加えることで素材に豊かな表情を与えるのがロートアイアンの大きな特徴の一つです。
  • 5.ひねりとバスケットツイスト

    ひねりは使い方によって惚れ惚れするほどの美しさを感じさせます。
  • 6.溶接と組み立て

    ロートアイアン製作のほとんどはパーツ造り。各パーツをつなぐ手段は溶接と組み立てに分類されます。
  • 7.古美仕上げ

    質感を高め、落ち着きのあるロートアイアン独特の味わいをかもし出します。
TOP